八代には語り継ぎたい雛がある

HOME > 八代には語り継ぎたい雛がある

やつしろの雛祭り

毎年、松浜軒や八代市立博物館には、松井家ゆかりの雛人形やお嫁入り道具が飾られます。今も昔も変わらない、家族の幸せを願う思いが込められた品々です。

松浜軒のお雛さま

松浜軒に飾られるお雛さまは、江戸時代の天保九年(一八三八)、八代城主松井家十代章之(てるゆき)(一八一三~八七)に輿入した琴(こと)姫(ひめ)(一八一三~四八)とその娘、孫娘の雛たちです。
琴姫は、熊本藩主細川家の初代幽(ゆう)斎(さい)の息子興元(おきもと)を初代とする茂木(もてぎ)細川家(下野国谷田部(やたべ)藩主)の姫で、母方の祖母は谷田部藩主細川興(おき)徳(のり)に嫁いだ熊本藩主細川重賢(しげかた)の娘、父方の祖母は細川家の分家で宇土支藩主細川興(おき)文(のり)の娘という目眩(めまい)がするほど光輝くお姫様でした。松井家では琴(こと)姫(ひめ)のため、天保(てんぽう)十年(一八三九)、京都三条の「幾久屋(きくや)」から五組の古今(ここん)雛(びな)を買い求め、さらに、翌年生まれた長女・加屋(かや)姫(ひめ)のために、再び同じ店から三組の雛を取り寄せています。
江戸からはるばる八代へやって来た琴姫が寂しい思いをしないようにとの章之(てるゆき)の優しい心遣いなのでしょう。琴姫の面差しを写すのか、とても品のある美しいお顔の雛たちです。

子供たちの無事を祈る

松浜軒には、雛人形に附属する雛道具も飾られます。本物の婚礼道具をそっくりミニチュアにしたものや、お姫さまたちが自ら刺繍をほどこした手まりなど、当時の女性たちの暮らしぶりが垣間見える品々が展示されます。
松浜軒内には、児宮(ちごのみや)という小さな神社もあります。天明元年(一七八一)、子供たちの無事な成長を祈ってまつられた神社です。江戸時代の優しく美しいお雛さまやかわいらしい雛道具、豪華なお嫁入り道具を堪能したら、こちらもぜひおまいりいただき、楽しいお雛祭りをお過ごしください。


松井家.png

■国指定名勝「松浜軒」/松井文庫[企画展示]
「松井家の雛祭り」

○会期 平成29年1月28日(土)~3月20日(月・祝)
○会場 松浜軒/松井文庫
○開館時間=9:00~17:00まで(入館は16:30まで)
○休館日 毎週月曜日
○入園料 
大人・高校生500円
 小中学生250円
幼児無料
○問合せ先 
八代市北の丸町3-15 
℡0965-33-0171 

婚礼道具.png

■八代市立博物館未来の森ミュージアム[企画展示]
「お姫さまの婚礼道具」

会期 平成28年1月24日(火)~3月12日(日)
○会場 八代市立博物館(第二常設展示室)
○開館時間=9:00~17:00まで(入館は16:30まで)
○休館日 毎週月曜日
(祝日の場合はその翌日)
○入館料 
2月2日(木)まで 大人300円、高大生200円 
2月3日(金)以降 大人400円 高大生300円
※いずれの期間も
中学生以下無料
○問合せ先
八代市西松江城町12-35 
℡0965-34-5555